☆熱中症☆

R1.7.31 ☆ウォ-タ-サ-バ-無料貸し出し☆

こんにちは!沖縄の美味しいお水

麦飯石の水美里店の國場です!

毎日暑い日が続きますね。

夜も30℃と高い温度です。

熱中症とか怖いですよね。

なので今回は熱中症について調べてみました。

熱中症とは気温の高い環境で生じる健康障害の総称です。

体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、

体温の調節機能が働かなくなり、

体温上昇、めまい、倦怠感、けいれんや意識障害などの

症状が起こります。

症状によって重症度というものがあり、

対処方法が変わります。

重症度Ⅰ度 めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗

<対処法>涼しい場所へ移動・安静・水分補給

重症度Ⅱ度 頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下

<対処法>涼しい場所へ移動・体を冷やす・安静・十分な水分と塩分を補給。

症状が改善されれば受診の必要なし。

水分を自力で摂取できない場合や症状に改善が見られない場合は受診が必要。

重症度Ⅲ度 意識障害・けいれん・運動障害

<対処法>涼しい場所へ移動・安静・体が熱ければ冷やす。

ためらうことなく救急車を要請。

熱中症は炎天下特有のものではなく、

湿気の多い時期や曇りの日、

日中だけでなく夜間、屋内でも起こる可能性があります。

温度が高い、ムシムシする、日差しがきつい、

風がない、急に暑くなったなど、

体内の熱を体外にうまく放出できず

体を冷やせない状況にあるときは、

どんな時、どんな場所でも注意が必要です。

対策として

室内では無理はせず扇風機やクーラーを活用し、

適度な気温、湿度を保ちましょう。

もし外出先などで体調に異常を感じたら、

風通しのよい日陰や、クーラーが効いている室内へ。

きついベルトやネクタイはゆるめ風通しを良くし、

体からの熱の放散を助けます。

皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などであおぎ、

いかに早く体温を下げることができるかが悪化させないポイントです。

水分補給をする時には、

あわせて塩分の補給も行いましょう。

水分と塩分を同時に補給できる

スポーツドリンクや経口補水液、

また水や麦茶には、塩や梅干しなどを足して

塩分も補給しましょう。

緑茶やウーロン茶に含まれるカフェインは

利尿作用があるため要注意です。

これからさらに暑くなる夏です。

水分・塩分はしっかり補給しましょう。

では!美里店の國場でしたm(__)m