☆台風☆

日常 美里店

R1.7.19 ☆ウォ-タ-サ-バ-無料貸し出し☆

こんにちは!沖縄の美味しいお水

麦飯石の水 美里店の國場です!

明日から夏休みですね。

天気が雨なのがつらいです。

さて、

昨日は台風で風が強かったですね。

本格的な夏が始まるなーと感じます。

なので今回は台風について調べてみました。

台風とは国際的な取り決めにより、

日付変更線(東経180度)より西、

東経100度より東の太平洋、

南シナ海で生まれた熱帯低気圧のうち、

中心付近の最大風速(10分間平均)が

17.2m/秒(34ノット/秒)以上のものを台風と呼びます。

英語ではタイフーン(tyhoon)呼びますが、

ギリシャ語が語源とか諸説あります。

日本では中国語で強く激しい風を表す

「颶風」(ぐふう)から颱風(台風)

になったといわれています。

東経180度以東の太平洋北東部、中部、大西洋北部などでは

ハリケーン(Huricane)と呼ばれます。

語源は南米インディオの「風の神」由来説と、

昔のスペイン人たちがとぐろを巻くという意味を

「ウラカーン」と言っていたことから

ハリケーンと呼ばれるようになったという説があります。

台風は風速17.2m/秒以上をいいますが、

ハリケーンは熱帯低気圧(トロピカルストーム)が

最大風葬64ノット/秒(約33m/秒)以上になったものをいい、

強さはカテゴリー 1~5(風速70m以上)と分類しています。

東経100度より西、インド洋北部、

南部で発生した熱帯低気圧のうち、

最大風速64ノット/秒以上のものを

サイクロン(Cyclone)と呼びます。

サイクル(旋回)を意味する

ギリシャ語に由来するといわれます。

オーストラリアでは先住民アボリジニの言葉で

塵旋風(dust devil)の事を表す

ウイリーウイリーと呼ばれています。

いずれの名前で呼ばれても共通しているのは、

海水温の高い(27度以上)地域で海水が蒸発して生まれた

熱帯低気圧が発達したもので、

直径100㎞から1000㎞の巨大な雲(空気)の渦の事をいいます。

台風には最大風速と最大瞬間風速があり、

最大風速は10分間の平均風速の最大値、

最大瞬間風速は瞬間風速の最大値となります。

ちなみに台風での最大瞬間風速は、

 

 

1966年9月5日 沖縄県宮古島の85.3m/sです。

 

 

頑丈な家屋も全壊し、車が小型ミサイルばりに飛ぶそうです。

 

では!美里店の國場でしたm(__)m