変わらない「定番」変わらない「理由」

お米 お米マイスター

R3.7.12 ★ウォーターサーバー無料貸し出し★

こんにちは。
沖縄の美味しい水「麦飯石の水」のお米マイスター渡久地です。

食欲が低下してしまっても、
なんとなくごはんに鰹節のあの香りにはそそられませんか?

鰹節は沖縄でも欠かせない食材の1つ。
うま味成分とされるイノシン酸が含まれていることで
だしをしっかり取った料理は格別においしさを感じますね。

また、ビタミンB群などの栄養素も豊富に含まれていることから
健康にも良いものです。

その削り節は、たこ焼きやお好み焼き、冷ややっこなど
様々な料理によく合います。

お米もしかり♪

お米って合わせるものでいろいろな顔を見せてくれます。
和の食材であれば和風に、洋の食材であれば洋風に。
繊細にお米本来の味をもちつつ、合わせるものがあれば
今度はちゃんとそれを引き立ててお米は縁の下の力持ちになります。

何かと合わせるサブ的な役割であれば、
お米はこんなにたくさんの品種を作らなくてもいいはずです。
それでも年々新品種が10年の長い歳月をかけて誕生します。

それは、日本人が「それだけでおいしいお米」を求めるからです。

お米(ごはん)だけでおいしいお米。
それだけで香りやつや、ほのかな甘みや粘りを堪能でき、
冷めてもおいしいお米(ごはん)。
麦飯石の水で取り扱うお米たちは
そんなお米としての基本を大切に考えています。

お米は田んぼや生産者が異なっても、同じ産地・銘柄で味などがかわる、
意外と繊細な食べ物です(⋈◍>◡<◍)。✧♡

そんなお米たちを、玄米の状態から削り上げた白米の状態を確認し、
その時の様子をきちんと判断していくのを心がけています。

「精米の仕方で変わるもの」
「お米だけで”おいしい”をめざして」
そんな”お米だけで食べておいしい”にこだわり続けていきます。
自家精米だからこそできる細やかな心配りが
麦飯石の水の”お米”ができることだと考えています♪

 

来月8月。
沖縄では、旧暦のお盆を迎えます(今年は20日~22日)。

そのお盆での贈り物は、ほぼお仏壇に供えるためのものです。
沖縄でのお中元ギフトも多様化してきたのを近年痛感しますが、
それでも、変わらない人気な定番は

・ビール
・かつおぶし
・そうめん
・お菓子
・ツナ缶

に並び、「お米」がランクインしてまいります。

お仏壇を持っている本家には、お供え物が集中してしまうのですが
そういう観点からも、日持ちする物や日用品などが多く選ばれている
ということで、『お米』も人気な贈り物の1つなのです。

このお話をすると、たいてい本土の方は驚かれます。
そして沖縄の私たちは、その反応に驚きます(汗)。

「せっかく人にあげるもんだのに。
毎日食べるからおいしいのが良いさ~。

だ~、おいしいのからちょうだい。」

そんなことを言ってくれる沖縄のおばぁちゃんは
今でも本当に多く、私には嬉しく思います。

“あげるもの(贈るもの)だから、おいしいものを”。

その言葉を聴きながら思いだしたことがありました。

「お米1粒には、7人の神様が宿っている」と言われています。

毎日家族が食べるお米。
日本の、沖縄の食卓を支えるお米。

贈った先のご家族が、またこの1年を幸せに過ごせるように
その1粒1粒に宿る神様たちに
心と願いをたくしているのではないでしょうか♬

沖縄の贈り物と言えばお米。
毎日食べるものだから、というキモチ。
喜んでほしいから良いものを、という心。

そんな温かい想いが込められた贈り物「お米」。
お米が選ばれる理由、喜んでもらえる理由がココにあると思います。

 

弊社「麦飯石の水」のお米ギフトラインナップでは
今年もお中元用のお米ギフトをご用意しております

お米の銘柄は
・ミルキークイーン
・金峰こしひかり
・新潟こしひかり
・特撰ひのひかり
・なつほのか
となっております。(料金は、税込3kg 1,520円~)

普段食べるお米と贈り物で選ぶお米は違う、という方も多いのですが
麦飯石の水では、贈り物で選んでくださるお米も、
普段ご愛顧いる方から同じように
「これ、いつも食べてて美味しいからコレにします」
と選んでくださるのも特徴だと感じています♡

お手軽な箱入タイプと可愛らしいクラフトタイプ(3色)
ご用意しております。

                  *お得な特典などの詳細はコチラ→お中元ギフト