☆旧盆です☆

石川店

H30.8.24 ☆ウォ-タ-サ-バ-無料貸出☆

こんにちは!沖縄の美味しいお水

麦飯石の水 石川店の國場です!

最近風が強く、

コンタクトレンズが乾くので、

目薬がないとキツいです。

さて、

毎年恒例の旧盆が昨日から始まっています。

何故か自分のところは

今日からウンケーですが(笑)

そんなお盆ですが、

地域によって時期が異なり、

7月のお盆である新盆(7月盆)、

そして8月のお盆である旧盆(8月盆)の2つがあります。

今回は、新盆と旧盆の違い、新盆の地域と旧盆の地域についてご紹介します。

全国的にみると、

8月に行われる旧盆が主流ですが、

7月15日を中心として行われる

新盆が主流の地域もあります。

 お盆の時期が異なる理由は

明治時代に行われた改暦が関係しています。

改暦は明治時代に暦の国際基準化を

目的として行われました。

改暦に伴い日本の各行事は30日遅れとなり、

旧暦の7月15日に行われていたお盆も、

改暦後には新暦の

8月15日に行われるようになりました。

現在、新盆は東京を中心とした

一部の地域のみで、大多数の地域は旧盆です。

東京は新盆、その他は旧盆と、

お盆時期のずれが定着した理由は諸説あります。

例えば農業が盛んな地方の7月は、

農繁期で忙しいため、

1ヶ月遅らせてお盆を行った説などです。

ちなみに新盆と旧盆の

内容自体にほとんど差はありません。

新盆・旧盆だから行事や

風習の内容が異なるのではなく、

地域による差の方が大きいと考えられます。

沖縄以外は

ほとんどが新盆だと思っていましたが、

旧盆が多いのですね。

調べて初めて知りました。

では!石川店の國場でしたm(__)m