☆ながら運転☆

日常 石川店

 R1.12.18 ☆ウォ-タ-サ-バ-無料貸し出し☆

こんにちは!沖縄の美味しいお水

麦飯石の水 石川店の國場です!

暑くなったり寒くなったり

忙しいですね。

体調管理に十分注意してください。

さて、

最近運転中によく見かけるながら運転。

危ないな~と思います。

なので今回は、ながら運転について調べてみました。

運転中のスマホ使用やカーナビ注視などを

「ながら運転」

と言います。

近年、ながら運転による事故件数は大幅に増加し、

10年前に1299件だった事故件数は、

昨年では2790件と約2倍になったそうです。

これを受けて政府は、

今回の改正道路交通法の施行令を決定。

違反点数、罰則、反則金が12月1日から強化されました。

違反点数、罰則、反則金は約3倍に強化され、

事故を起こすと一発免停になる可能性があります。

具体的には、運転中に携帯電話などで通話や画面を注視する違反

「携帯電話使用等(保持)」の違反点数は1点から3点に引き上げ、

携帯電話での通話や注視によって交通事故を生じさせる違反

「携帯電話使用等(交通の危険)」

の違反点数は2点から6点に引き上げられました。

 「保持」の反則金は約3倍となり、

6か月以下の懲役または10万円以下の罰金が適用される可能性がある。

ながら運転が原因で事故を起こすなどの「交通の危険」では、

交通反則通告制度、いわゆる青きっぷの適用から除外され、

直ちに刑事手続きの対象となる赤きっぷとなった。

罰則はこれまでの3か月以下の懲役または

5万円以下の罰金から1年以下の懲役または

30万円以下の罰金に引き上げられました。

警察庁によると、ながら運転(携帯電話使用等)の死亡事故率は、

使用なしと比較すると約2.1倍になります。

ながら運転は死亡事故につながる危険な行為です。

ながら運転は、

運転に対する集中力を散漫にさせる可能性のある行為。

軽い気持ちで運転中にスマホを手にすることは、

自分のみならず他者のその後の人生に

大きな影響を及ぼす可能性があるので、

操作をする際は

安全な路肩等に停車してからにしましょう。

自分は大丈夫、ほかの人もやっているという

考えが一番危険です。

では!石川店の國場でしたm(__)m