栃木県産あさひの夢で、おすすめのっけごはん

お米 お米マイスター

H31.3.18★ウォーターサーバー無料貸し出し★


栃木県産あさひの夢、入荷しています☆彡

こんにちは。 沖縄の美味しい水「麦飯石の水」のお米マイスター、渡久地です。

あさひの夢は、愛知県の農業試験場で作られたお米で、
あいちのかおり(愛知70号)と 月の光(愛知65号)を親に持ちます。
名前の由来は、幻の米とまで呼ばれる品種もあるほどの「旭米」のように
良質なお米として広まってほしいとの想いでつけられたとか。

栃木県のみのオリジナル品種ではなく、 栽培されやすいことから
多くの地域で生産されています。

特徴は、粘り気がそこまで強くなく、口当たりさっぱりとしていて
おかずを主役にできるお米です。
個人的な感想としましては、やや大きめ粒ということもあって食感が楽しめ、
香りが豊かなお米でした。 粒があるので丼ものにも負けません。

今、マイブームののっけごはん♪

これにもあさひの夢は最適でした。

絹ごし豆腐にお醤油+わさびを混ぜてごはんの上にのっけます。
そこにさらに、おかかを振りかける!!
なぜか箸がとまらないのっけごはんになります(⋈◍>◡<◍)。✧♡
お好みでねぎやみょうが、すりごまなどを加えても美味です。

混ぜご飯でもごはんがつぶれず、 わさびやおかかの香りの後でもほのかに香る、
ごはん本来の豊かな香りが、間違いなく食欲をそそります。

季節の変わり目で気温変化も激しい日もあり、
「少し疲れたなぁ。食欲あんまりないなぁ・・。」 という時にお試しください!

・・・・・おまけ・・・・・

3月は弥生。 「桜月」や「花見月」とも呼ばれるそうです。
月夜に照らされた神秘の桜をあらわす「桜月夜」は 歌人である
与謝野晶子の造語だと言われています。

沖縄では桜の季節は去ってしまいましたが、
四季豊かな日本をこのような言葉なので楽しむのもいいですね。

今週21日は春分の日。
一日の昼と夜の長さが同じになる日。 形あるものが現実化するタイミングだとか。
今年は、私的に気にはなるけど手をつけずにいたことをやってみる年。
その1つ、首里の十二支寺巡りをして初の御朱印をいただきました♪

流行りの御朱印ガールにのっかったのではなく💦
一応、その先に目指すものがあります(笑)。

1つ1つ、確実に実行していきます( *´艸`)