カラフル卵

日常 西洲店

 

2021.5.25 ★ウォーターサーバー無料貸し出し★

こんにちは!

麦飯石の水 西洲店 前川です (`・ω・´)ゞ

 

最近 カラフルな卵を頂きました (^O^)/

茶色、薄ピンク色、黄色っぽい色、みどりっぽい色 Σ(・ω・ノ)ノ!

茶色と白色しか見たことがなかったので びっくりしました(笑)

なんで 殻の色が変わるんだろう??と思って調べてみました!

鶏の種類によって、卵の殻の色が変わるらしいです!

うすい緑色の殻をした
たまごを産むのは「アローカナ」という鶏種で、
青色に近い色になることもあります。

あと、鶏の年齢でも変わってくるらしく

たまごから孵化 して5ヶ月ほどで、鶏はたまごを産むようになり

このとき、若い鶏が産むたまごの方が光沢があり、ツヤが出るそうです!

 

白色と茶色だと茶色が栄養価が高いと聞いたことがありましたが

実は、栄養価は変わらないそうです!

でも、茶色の方がお値段が高い気がしませんか??

 

それって「栄養価が高いから」ではなく

「赤玉を産む茶色の鶏がエサをよく食べるため、生産コストがかかるから」というのが原因のひとつらしいです(笑)

食いしん坊なんですかね Σ(・ω・ノ)ノ!(笑)