☆ビスケットの日☆

日常 江洲店

R3.2.28☆ウォ-タ-サ-バ-無料貸し出し☆

こんにちは!沖縄の美味しいお水

麦飯石の水 江洲店の國場です!

最近は夜も少しずつ寒さが弱まってますね。

冬の終わりを感じます。

さて、

今日は何の日シリーズです。

2.28はビスケットの日です。

日本でのビスケットの歴史には水戸藩士の蘭医、

柴田方庵という人が深く関係しています。

それまでは長崎周辺で外国人向けに

だけ作られていたビスケットですが、

水戸藩がビスケットの“保存のきく食糧”という点に注目し、

その製法を調べました。


そして、柴田方庵が長崎留学中に

オランダ人から学んだビスケットの作り方を手紙にし、

1855年2月28日に、

水戸藩に宛てて送った史実があります。


これらを日記に書き記したものが、

「方庵日録」として今でも残っています。


これが日本でビスケットが作られたことが

明確に分かる最も古い記録です。

ビスケットの語源は、

ラテン語で「2度焼かれたもの」の意味です。

この語源と柴田方庵の史実を考えあわせ、

社団法人 全国ビスケット協会が1980年に、

毎年2月28日を「ビスケットの日」と定めました。

久しぶりにビスケットを買ってみます!

では!江洲店の國場でした<m(__)m>