麦飯石の水

お問い合わせ

メニュー×

三寒四温

H30.3.11★ウォーターサーバー無料貸し出し★

こんにちは。

沖縄の美味しい水 麦飯石の水

坂本です。

 

暖かくなったかと思えば
また寒くなったりと

落ち着かない天気の日々ですが
外で遊ぶにはまだ寒い時もありますよね。

そんな時には映画でも、と
県内で上映されている作品をチェックしてみました。

目に留まったのは

空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎

 

 

チラシから映像が美しいのが伝わってきます。
歴史と旅風景好きな私。

普段、あまり邦画を見ませんが
これは見てみたいかも?と思ってしまいました。

 

のし(熨斗)の豆知識

人生の節目、のし紙を使う場面が出てきます。
どういう時にのしを付けたり、付けなかったりするのか?

40年間マナーの指導をしている
マナー講師の岩下宣子先生の回答では
このように言っていました。

 

・誕生日   ○
・就職    ○
・結婚、出産 ○
・還暦    ○
・謝罪    ○
・お葬式   ×

 

ここで間違えがちなのは
謝罪の時にも、のしを付けるということではないでしょうか。

 

のしは、おめでたい時に付けると思いがちなのですが、
本来は、相手を敬う気持ちを表すために付けるもの。

なので、謝罪の時でものしは付けるのです。

 

 

しかし、お葬式のお供え物や香典返しと
最近ではお見舞いの場合は「のし」を付けない傾向があります。

これらの時は「のし紙」ではなく「掛け紙」を使用します。

 

 

のし紙と掛け紙の違いですが
そもそも「のし」とは、のし紙の右上にあるダイヤ型のエンブレムの事を指します。
それが付いている紙の事を「のし紙」といいます。

 

・のし紙=右上に「のし」のエンブレムがあるもの
・掛け紙=「のし」のエンブレムが付いていないもの

 

(出典:TBSテレビ この差って何ですか)

 

 

地域や宗教によっても変わってくる場合もありますが
一般的な使用方法は覚えておきたいですね。

▲ページのTOPへ

 

ページのトップへ