麦飯石の水

お問い合わせ

メニュー×

そろそろ。

H30.7.2 ★ウォ-タ-サ-バ-無料貸し出し★

今日、7月2日は「うどんの日」だそうです。

1980年(昭和5年)、香川県生麺事業協同組合が制。
うどんの本場である讃岐では半夏生(はんげしょう)の日に、
田植えや麦刈りの後にその年に取れた麦でうどんを作って食し、
労働をねぎらうという風習がありました。
東西に長い日本では、うどんは西日本、そばは東日本、
境界線の名古屋はきしめんとおおまかに分かれています。

ということで、「うどんの日」のお米と関連性は
”田植えや麦刈りの後に”だけです(笑)。

7月に入りました。
23日慰霊の日に梅雨明け宣言をした沖縄、
いよいよ夏本番となりました。

こんにちは。
沖縄のおいしい水「麦飯石の水」のお米マイスター、渡久地です。

すでに石垣からは新米が登場しましたが、
本島内は今月半ばくらい、
九州(種子島や宮崎)は今月末くらいから収穫に入るでしょうか。

弊社、麦飯石の水のお米ラインナップでも
鹿児島県産ミルキークイーンと、鹿児島県金峰産コシヒカリが
新米入荷を心待ちにしております。
ご愛顧いただいているお客様、もう少しだけ楽しみにお待ちくださいませ♥

この時期のお米は、そろそろ新米と入れ替わる端境期と呼ばれる時期になり、
お米の性格が変わっていく頃でもあります。
炊飯時に少し水を多めにしてあげたりしないといけないお米が
あるかもしれません。
その時はご案内していきますね。

さて、最初にうどんの日のお話しをしましたが、
今月7月は、
・7月10日「納豆の日」
・7月22日「ナッツの日」
・7月23日「天ぷらの日」
・7月27日「すいかの日」
というように制定されていました。

それぞれの食材も健康維持に役立つものなんです。

日本生まれの代表的発酵食品である納豆は、近年の研究により
次々と新たな効能が発見されています。
「ナットウキナーゼ」には血栓溶解作用があり、夜に食べると効果的です。

近年、女子を中心に人気の高いナッツ類。
ビタミンEを豊富に含有しており、不飽和脂肪酸の酸化を防いで
過酸化脂質が多くなるのを防ぐ働きを持っています。

ここで「天ぷらの日」に少し悩んだのですが、意味合い的には、
暑さにバテないように天ぷらを食べて元気に過ごそうという意味があるようです。

「ウォーターメロン」と呼ばれるすいかは水分が多く、
利尿作用を促してむくみを取る効果に優れた食品。
果肉の赤い色はリコピンで抗酸化力が高く、
含有されているシトルリンは血流改善や疲労回復効果があります。

今回ご紹介した食材、納豆以外はごはんの供にはなりづらいのですが💦
何かの参考になればうれしく思います。

▲ページのTOPへ

 

ページのトップへ