麦飯石の水

お問い合わせ

メニュー×

作る方の楽しみ方☆

H30.4.9 ★ウォ-タ-サ-バ-無料貸し出し★

先日、糸満市の「ひまわり迷路」へ行ってきました♪
1月の桜の時期に見るひまわりも良いですが、
やはり青空とが一番似合う花ですね。

こんにちは。
沖縄のおいしい水「麦飯石の水」のお米マイスター、渡久地です。

最近マイブームの料理「food trip」pic、今回は

「フライパンで作るキッシュ」のpicです(笑)。
お米ではない!?と驚かれるかもしれませんが、
私もたまにはお米でないものも食します💦

キッシュは、卵と生クリームを使って作る、
フランスはアルザス=ロレーヌ地方の郷土料理だそうです。

”キッシュ”の定義からすると外れるレシピかもしれませんが、
気分は間違いなくキッシュだったということで良しとします(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ところで皆さん、「三大お米料理」というのを聞いたことはありますか?
私は最近知りました(嘘か本当か、真意のほどは分かりませんが)。

” ピラフ・パエリア・リゾット ”
だそうです。

三大お米料理!?

では、この三大お米料理、どこの国のもので
どのように発音するのか見ていきましょう。

・ピラフ
ピラフ(トルコ語:pilav、フランス語:pilaf)は炒めた米を様々な出し汁で炊いた料理。

・パエリア
パエリア(paellaパエージャ、パエーリャの方が元の発音に近い) は、
もともとはスペイン東部、バレンシア地方の代表料理のひとつで、
パエリェラ/パエジェラと呼ばれる専用の鍋で調理する米料理。

以前試しに作ってみたパエリアのお話しです。
手軽にパエリア!?
(すみません・・。画像が抜けている箇所がありますm(__)m)

・リゾット
リゾット(Risotto)は、もともとイタリアで食べられてきた麦類の料理に、
東洋から入ってきた米が融合した料理。
「リゾット」は米(Riso)と最高(ottimo)を合わせた造語。

以前試しに作ってみたリゾットのお話しです。
イタリア米でリゾットを作ってみた!
この時は、本格的にイタリア米を使用しています。
粒がすごく大きくて、もっちりや粘り、甘みなどは・・ありません。
日本のお米だと、日本人好みで作れるのではないでしょうか。

お米=日本のものという枠を超えていくと、
料理もまた際限なく広がります(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 しかもこの写真を撮るにあたって、
下と背景に黒いトレイなどを敷いて、好きなモチーフなどを添えてみたり・・
など、いくつかの工夫もしてみました。
ただ撮るだけでなく、美味しく魅せるというのを考えるのも楽しいです☆

食欲の落ちていくこの季節、
食べる側だけでなく、作る方もいろいろ楽しみながら料理できるよう
工夫していきたいですね!

▲ページのTOPへ

 

ページのトップへ