麦飯石の水

お問い合わせ

メニュー×

★運気を上げるために★

H30・2・17 ★ウォーターサーバー無料貸し出し★

こんにちは!

沖縄の美味しいお水

麦飯石の水豊見城店の新垣です。

いつも麦飯石の水をご利用頂きありがとうございます。

 

昨日から沖縄では旧正月を迎え、行楽地では中国や台湾からの観光客で溢れかえっております。

沖縄は中国文化の影響を受けてるとよく耳にしますが、旧正月もそのひとつではないでしょうか。

そして、豊見城市に隣接するお隣の糸満市も旧正月をやるご家庭が多いので、お客様からもにぎやかなお話やお歳暮用のお米を買って頂いております。

あらためて旧正月を迎える皆さま

あけましておめでとうございます!!

 

新垣の住んでる地域ではそこまで旧正月が盛んではないのですが、仏壇には少しばかりのごちそうをお供えして手を合わせます。

 

さて、20代のころ私は経済ついて勉強してた時期があり特に稲盛和夫さんの名言が好きで倒産したJALを無報酬で黒字経営まで立て直したという誰もが知ってるカリスマ的日本の経営者に感銘を受けました。

名言などを書き写し、デスクや部屋の壁に貼ってたのですが、8年前に書いた名言が出てきました。

運が良い人・悪い人の違いとは・・・

口から発する言葉って大事だなと・・・・

再度考えさせられました。

最近、お米が売れなくて悩んでる時期が多かったのですが稲盛さんの言葉に

ハッ!!と気づかされました。

前向きな言葉・・・言霊・・・

そうだな・・・・そうだな・・・・と自分に言い聞かせ、戒めていきます。

 

今年の5月は、全国お煎茶大会参加の為京都へ行ってまいります。新垣は飛行機に8年ぶりに乗ります~~(笑)

 

お家元は、20年に一度の献茶の当番なので記念すべき大切な大会なのですが私は修学旅行気分で計画中(笑)

煎茶大会の開催地は京都の宇治市にある中国から伝わった禅宗の黄檗山!!修行寺でもある萬福寺サマなのですが、

新垣は、お寺で一泊することになりました。

厳しさがあるとHPに掲載されてましたΣ(゚д゚lll)ガーン

修行寺の為、朝4時に修行僧の読経で目が覚め、おかゆを食べてという禅寺

ただですら厳しい新垣さんと社員スタッフに言われるのですが・・・

一日の禅寺体験で鬼並みに厳しい新垣にならないか、もしくは心が折れないか、ますます禅が好きにならないか見当が付きませんが(;^ω^)

 

★満福寺とは★

萬福寺(まんぷくじ)は、京都府宇治市にある禅宗の黄檗宗大本山の寺院。山号は黄檗山、開山は隠元隆琦、中国・明出身の僧隠元を開山に請じて建てられた。建物や仏像の様式、儀式作法から精進料理に至るまで中国風で、日本の一般的な仏教寺院とは異なった景観を有する。寺内で使われる言葉、儀式の作法なども明朝風に行われるため、現在でも中国色が色濃く残っている。本寺の精進料理は普茶料理と呼ばれる中国風のもので、植物油を多く使い、大皿に盛って取り分けて食べるのが特色である。萬福寺は煎茶道の祖・売茶翁ゆかりの寺としても知られる

 

丸二日間は、着物で過ごすという非現実的な世界を体験する予定なのですが着倒れしないよう沖縄の名に恥じない様堂々とした立ち振る舞いができるようこれから努力してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ページのTOPへ

 

ページのトップへ